05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ハルシオンシステムの気ままBlog

株式会社ハルシオンシステムのメンバーが送る、UnityやらJavaやらの技術的話題から、自社開発のアプリの宣伝とかとかのブログです。ほんと気ままにいきたいと思います。更新日は毎週 月 木でっす!

 

【ハルシオンブログ Unity】uGUIのオブジェクトってHierarchyで下に行くほど上のレイヤーになるじゃないっすか。あれ逆にできないの?できるんです! 

はい、こんにちは。
坂内っす。

全然ハルシオンのアプリ作成できてないっす。
早く作りたいっすね!

さて、Unityのお話。

こんな感じでオブジェクトを並べたい時ってありませんか?


HorizontalLayout使ったりして並べるんですが、右にいくほど左のオブジェクトの下に潜り込む感じ・・・・・

uGUIってHierarchyで下に行くほどレイヤー的には上に載っかかっていくので、普通に並べるとこうなりますよね。

※右のオブジェクトが左のオブジェクトの上に来る。(HorizontalLayoutのspacingがマイナスの時)

こんな時はCanvasを各オブジェクトにつけて、SortingLayerをそれぞれ指定してあげると下に潜り込むようにできます。


※え?全然わからねえww

左がCanvas無し。
右がCanvasあり。(左側オブジェクトはOrderInLayer12、右側オブジェクトはOrderInLayer10)



こんな感じにすると、Hierarchyで下にあるオブジェクトでもレイヤー的には下に来させることができます。

という、小ネタでした。
なんとなく伝わればそれでいいです。

では、あでゅ~ノシ

Category: 開発日記(Unity)

tb 0 : cm 0   

【Unity】uGUIボタン押したときにテキストの色が変わらないので適当に拡張してみたよ。その① 

こんにちは。
大坂です。

もう6月ですよ!
今月が終わったら今年ももう半年終わりですね。。

さてはて、今週の話題ですよっと。
まぁタイトルの通りのことです。

テキストを含んだこんなボタンを作ったとして、押すとテキストだけが白く残って気になるって話ですね。
(押したときの色を濃くしなければそんなに気にならないかもしれませんが…)

※クリックしたら見れますよっと

ということでボタン押したら一緒にテキストの色も変わってほしいので拡張です。
こんな感じのコードになりました。
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class ChildColorChangeButton : Button {

Text[] childTxt;

protected override void Awake() {
// 自オブジェクトの子供のテキストをすべて取得
childTxt = this.gameObject.GetComponentsInChildren();
}

protected override void DoStateTransition(SelectionState state, bool instant) {
base.DoStateTransition(state, instant);

switch(state) {
case SelectionState.Highlighted:
case SelectionState.Normal:
for(int i = 0; i < childTxt.Length; i++) {
// InspectorのボタンのNormal Colorに指定した色にする
childTxt[i].color = colors.normalColor;
}
break;
case SelectionState.Pressed:
for(int i = 0; i < childTxt.Length; i++) {
// InspectorのボタンのPressed Colorに指定した色にする
childTxt[i].color = colors.pressedColor;
}
break;
case SelectionState.Disabled:
break;
}
}
}

一応複数テキスト入れておいて大丈夫なように最初に子供を全部取得するような形にしています。
このコードをButtonの代わりにAddConponentしてあげれば使用できます。

これでちゃんとテキストの色も変わっていますね。

※クリックしたr…

テキストだけ指定の色にしたいとかあってもうちょっと手を加えたものがありますが、あまりのネタのなさに来週に持ち越しです。

では今週もこれにてノシ

Category: 開発日記(Unity)

tb 0 : cm 0   

【ハルシオンブログ】Unityのアセット「UniWebView2」にてHTMLからアプリに値の受け渡しできちゃった 

こんにちは。もう月曜日ですね・・・・・坂内っす。

以前UniWebView2の簡単な使い方をブログで書きました。

ここで1点、HTML側からアプリのコードを呼ぶことはできるのか?
という疑問。

可能です!


HTMLからアプリをいじることができるんです!
というか、値を渡すことができます。


<test1.html>
<html>
<head>
<title></title>
</head>

<body>
<a href="uniwebview://command?count=1&aaa=bbb"><input type="button" value="値渡し"></a>
</body>

</html>


こんなHTMLを用意し、アプリ側ではこんなコードを書きます。

<WebView.cs>
using UnityEngine;
using System.Collections;
using UnityEngine.Networking;

public class ViewHtml : MonoBehaviour {
#if UNITY_IOS || UNITY_ANDROID || UNITY_WP8

private UniWebView _webView;

void Start() {
ViewHtml();
}

private void ViewHtml() {
_webView = gameObject.AddComponent();
_webView.OnReceivedMessage += OnReceivedMessage;
_webView.url = "http://●●●/test1.html";
_webView.Load();
_webView.Show();
}

void OnReceivedMessage(UniWebView webView,UniWebViewMessage message) {
Debug.Log(message.args["count"]);
Debug.Log(message.args["aaa"]);
}
#endif
}


これを実機で実行すると以下のようになります。



※HTMLはこんな画面です。
値渡しのボタンを押すと、下にような値が取れます。

1

(Filename: ./artifacts/generated/common/runtime/DebugBindings.gen.cpp Line: 51)
bbb

(Filename: ./artifacts/generated/common/runtime/DebugBindings.gen.cpp Line: 51)

先ほどHTMLに書いた「count=1&aaa=bbb」ここの部分がちゃんと取れてます。

これを使用すると、HTML側からUniWebを閉じたり、渡された値によって色々とアプリ側をいじることができそうですね。

本日はこれだけ!あでゅ~ノシ

Category: 開発日記(Unity)

tb 0 : cm 0   

【Unity】Application.logMessageReceived使ってみた。 

こんにちは。
大坂です。

早くも木曜日です。
色々やばいですが、頑張れるだけ頑張ります。(何

さて今週も小ネタですよ。
Application.logMessageReceivedが気になったので使ってみた。
「Debug.Log」で出力したものをキャッチできるやつっぽいですね。
環境がない人とかに実機で確認してもらうときとかにログ画面に出せるようにしたい!とかって時に使えるかもしれません。

使い方はリファレンスにもありますが、こんな感じです。
public class LogReceiver : MonoBehaviour {

public Text logTxt;

void Awake() {
Application.logMessageReceived += ReceiveLogMessage;
}

private void ReceiveLogMessage(string log, string stackTrace, LogType logType) {
logTxt.text += log + "\n";
}

}

簡単ですね。
で別クラスでログを出力。
public class LogTest : MonoBehaviour {

void Awake() {
Debug.Log("画面にログが出したいかもね。");
}

public void LogBtn() {
Debug.Log("そうかもね。");
}
}

テキストに入れただけなので何のことはないですが、こんな風にちゃんと画面にも出てますね。

画像をクリックしたらボタン押した動きが見れるっす。

どうしても画面にログが出したいときなんかに使ってみてくださいませ。

今日もこれで終わりですよ。
また!ノシ

Category: 開発日記(Unity)

tb 0 : cm 0   

5th of Bitsummitを見に京都まで車でいってきーたーよー (内容は色々端折られてます 

おこんにちは!
坂内っす!!

先週土曜、日曜と京都のBitsummit行ってきました!!

なかなか楽しい旅になりましたので、ご報告をば!

Bitsummitといえば、あれですね。

「国内最大級のインディーゲームの祭り」
http://bitsummit.org/2017/

こちらっす。

仮にもゲームを作ってる人間としてちょちょっと見てこないとなーと、去年に引き続き今年もいってきたよ!

今年は髪の毛ピンクにしていきましたよ。

2017年5月20日 AM7ちょい前



去年は4人で行きましたが、今年はなんと7人で車で行っちゃいます!!
すでに3名は合流しており、武蔵小杉まで残りの3名を迎えにきてくれる某オーヤマさん。
まじで素敵すぎます。

そこからドライブ開始です。



どこかのサービスエリアです。

気持ちのいい晴天で暑すぎるぞばかやろー!

ってことで、そこから長野に向かいます。
なぜ京都なのに長野?というのは、一人長野で拾うため。


2017年5月20日 AM11ちょい前


長野名物のリンゴの里に集合です。

そこから一気に京都まで!!
着いたのは3時頃でしょうか。

まずは腹ごしらえです。



京都といったらあれですね。
にしんそば。

それも、冷たいニシンそば。

あ、なにこれ想像してたよりうまいじゃぁなぁいかぁ!!
初めて食べたにしんそば。

また今度京都きたら食べたいっすね!!

そう、このにしんそばを食べたお店。
去年もここに入ろうかと思ったお店なんですよね。
Bitsummitの行われる「京都みやこめっせ」の目の前にあるお店なんです。

そこからBitsummitに入場!!
あ、入口の写真撮り忘れました。


・・・・・


・・・・・

さて、それでは順不同でおじゃましたブースの写真を並べていきますね。
知り合いのブースばっかり回って、他のブースはそとから眺めていただけみたいな感じでしたが・・・・

まずはところにょりさんの新作。
「あめのふるほし」のブースです。


なんと、VISUAL EXCELLENCE AWARD(優秀なビジュアルの作品に贈られる賞)という賞を受賞したようです!
おめでとうございます!
だすアプリだすアプリヒットしまくりですね!
今度じっくり飲んでパワー吸い取りたいと思います。

お次のブース。
yutaさんの去年の話題作「Strenge Telephone」のブースですね。


なんかyutaさんとは先週も会った気がします。
色々なイベントにガンガン参加しててすごいっす!
yutaさんともちゃんと飲んだことないし、今度拉致しましょ。

ほい、次のブース。
大橋さん夫婦で作って、これまた去年の話題作!「Missleman」のブース!


そういえば大橋さんと初めてお会いしたのも去年のBitsummitでした!
先週のTIF(東京インディーフェス)でもお会いしましたが、今後は完全に新しいゲームを作っていこうって話でした。
いやーすごい楽しみですね!Misslemanのクオリティすごいっすからね!

さてさて、お次。
京ユニさんのブース。
いくつかのユニットで合同出展している感じのブースですね。
ないちさん、りるをさんで成功させた「太陽人間」。
そして、たかおかさん、おはんはんさんの「サムライ地獄~九天魔城の謎~」。
ほか2つのゲームが展示されていました。
常にお客さんがいて大賑わいのブースでしたねー いやー すげー




※全体像とるのわすれてたので、かの「ナンプレLv999」で大ブレークしたしんいちさんに頂きました。

そしてお次のブースはこちら。


おずみかんさんの「In Dark」のブース。
パラソルドライブというスマホのアプリがすごいよくできてたので、楽しみにしていました。
インダークも同じ感じの縦スクロールアクションですね。
これまたよくできてるんですよねー ドット可愛いし。

はい、そして我らがRoom6さんのブースです。


もうドットが可愛いですよね。
「OPAKE」と「でっかわ彼女」
今後いつリリースになるか分かりませんが、楽しみですね!

他にもちょこちょこ外から見て写真撮ってきましたよ。


こちらは海外のデベロッパーさんのアドベンチャーゲームですね。
Twitterでフォローされてるので、見てきましたw



それと、わけんさんの「SOLOKUS」のブース。
音楽を作成している椎葉さんもこちらのブースにいましたね!
新しいゲーム「Economicity」もSolokusと同じくパズルゲームとなっていました。
パズル苦手なんすよね( ´艸`)
遊んでみると楽しいんですが!
是非是非遊んでみてください!

あ、Bitsummitの写真は1日目、二日目の昼に行ったのをまとめて書きました。

さて、1日目はこの後1次会が!!
お店はこちら「あかやしろ榮」。

焼肉屋さんですね。



やっぱり焼肉といったら京都。
京都といったら焼n(ry

1次会が押して押して押しまくって、終わるころには2次会のラストオーダーの連絡が・・・・
2次会で30-40人になるはずが、2次会会場に向かった時にはすでに外でお開き状態・・・・
全然2次会で合流するメンバーと話せないまま、2次会~3次会を・・・・

結局25時頃まで飲んでホテルに行きましたとさ。


・・・・・・


さて、二日目は朝からモーニングを食べ。



Bitsummitの後半戦と、その上階で行われていた「メガビットコンベンション」へ!
メガビットコンベンションとは何ぞやと?

これまたインディー同人ゲームのイベントですが、あえてBitsummitにぶつけてくるあたりがやばいっすよね。
http://megabitconvention.com/top.html

去年もBitsummitにぶつけて隣の建屋(?)でやってたらしいですが、今回はBitsummitの上階です!
これは行かなくては!!

入場料は500円です。

ただし、メガビット自体のブース数が10数個くらい、開場は結構でかいので、スッカスカです。

目的はやはりノナプルナインさんですね。

先週の記事でも書いたと思いましたが、すごいよくできてるんですよね。
ブースもでかい!
いやいや、素敵なブースでした。

他にもクルステさんの「Phrasefight」という対戦音ゲーもなかなか楽しかった。
一緒に行ったぷにーにゃすさんに勝ったよ!!


それとやばかったのが「ブリーフカラテ」
か、格闘ゲーム・・・・
らしいっす。

ブリーフカラテ世界選手権やってたらしいですよ?w
優勝はゲームキャストのとしさんだったようで!おめでとうございます!
大会の前にゲーキャスさんと2回戦って2回勝ったので、世界大会でたら多分優勝は俺でしたね!!

そして、その後去年も食べたみやこめっせ近くのお好み焼き屋さんで、美味しいそばめしを食べて帰ります!


23時頃に武蔵小杉まで送って頂き、そこから反省会です。


和尚さん(@Kumanbow)、おーやまさん(@oyama_togo)、ぷにーにゃすさん(@puni_nyasu)、ねこばたさん(@nekobata_kaigi)、刻猫さん(@tokineco)、ひさしさん(@Hisashi_vc)二日間の強行軍お疲れ様でした!

また何かありましたらよろしくお願いします!

だだだーっと走り書きですが。とても充実した旅でした!

それでは あでゅ~ノシ

Category: その他日記

tb 0 : cm 0