05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ハルシオンシステムの気ままBlog

株式会社ハルシオンシステムのメンバーが送る、UnityやらJavaやらの技術的話題から、自社開発のアプリの宣伝とかとかのブログです。ほんと気ままにいきたいと思います。更新日は毎週 月 木でっす!

 

【Unity】NGUIでTweenしてみた。 

こんにちは~。
大坂でっす。

横浜辺りは明日17度まで上がって週末はまた9度とか8度になるみたいですね。ずっと雨ですし。
土曜は出かける予定があるから雨降らないでほしいなぁ。
と世間話はこの辺にして、今週の話題でっす。

Unityでオブジェクトとかを動かすのにずっとiTweenを使用して動かしていましたが、いつの間にかNGUIにも機能があることに気が付いたのでご紹介。(またまたよく見てませんでした。)

まずNGUIでSpriteを作成し、適当な絵を張り付けておきます。
作成したSpriteにメニューの「NGUI」⇒「Tween」⇒「Position」を追加します。






FromとToに値を設定して、動き始めの場所と動き終わった後の位置を指定
Animation Curve は動き方を指定。
Play Style
 Once : 1回だけ
 Loop : 繰り返し
 Ping Pong : 往復
Duration はアニメーション終了までの時間
Start Delay はアニメーション開始する時間をずらしたい場合に設定
Tween Group はTweenの種類を管理する
Ignore TimeScale はタイムスケールを無視
On Finished はアニメーション実行後に動かしたいメソッドの指定

といった感じの設定をするだけで動きます!簡単ですね!
ただiTweenのほうがやりやすい動きもありそうなので、全部NGUIのものでというわけにはいかないですけど。
とりあえず、Postion(位置)のほかにも
Alpha:透明度
Color:色
Width:横のサイズ
Height:縦のサイズ
Rotation:角度
Scale:スケール
辺りの変更であればNGUIのものを使用したほうが簡単にできそうなイメージですね!

では、今週はこの辺で。ノシ

スポンサーサイト

Category: 開発日記(Unity)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://halcyonsystemblog.blog.fc2.com/tb.php/79-273a0c64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)