07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ハルシオンシステムの気ままBlog

株式会社ハルシオンシステムのメンバーが送る、UnityやらJavaやらの技術的話題から、自社開発のアプリの宣伝とかとかのブログです。ほんと気ままにいきたいと思います。更新日は毎週 月 木でっす!

 

【ハルシオンブログ】今年のアプリ界隈のでかい飲みも終わったし、開発はじめまそ。あswitch文ってありますよね・・・ 

こんにちは!坂内っす。

先週末はWDDCに参加してきたっス。
WDDCについては和尚さんのブログを参考に。

【WDDC2017】たくさんのご参加ありがとうございました!

それにしてもたくさんの方が集まっていた模様。
0次会(17時~):13名
1次会(19時~):115名
2次会(朝まで):64名

北は北海道から、南は沖縄まで集まる集まる。
さすが和尚といった感じか。

結局12時間飲んでました・・・いつもなら3時頃にはウーロン茶に以降していたのですが、今年はなぜか飲みながら話していたら朝になってました。
新しい出会いも、懐かしい顔も見れて楽しかったですね。

そして朝帰って14時に起き、17時には次の飲みに出かける腐れっぷり。

さて、ちょっと飲みは控えましょう。

ではUnityの話題です。

ネタがないので、ちょー簡単なお話を・・・簡単すぎて「読んだ時間返せ!」とか言わないでくださいね。

switch文ってありますよね。

「変数aaaが0の場合変数a+b、aaaが1の場合axb、aaaが2の場合a/b」を行うとか。


int ret = 0;
switch(aaa){
case 0:
ret = a + b;
break;
case 1:
ret = a * b;
break;
case 2:
ret = a / b;
break;
}


とかってなると思うんですよね。
では以下の場合ってどう書きます?

「aaaが0の場合a+b、aaaが1の場合a+b、aaaが2の場合a+b、aaaが3の場合axb....」

もちろんそのままこう書くこともできます。


int ret = 0;
switch(aaa){
case 0:
ret = a + b;
break;
case 1:
ret = a + b;
break;
case 2:
ret = a + b;
break;
case 3:
ret = a * b;
break;



}


しかしこれ、break書かなければもっと簡単に書けるんですよね。


int ret = 0;
switch(aaa){
case 0:
case 1:
case 2:
ret = a + b;
break;
case 3:
ret = a * b;
break;



}


こんな感じ。

UnityというかC#というか普通のプログラミングの話ですが、これで本日の授業を終わります。

では、あでゅ~ノシ
スポンサーサイト

Category: 開発日記(Unity)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://halcyonsystemblog.blog.fc2.com/tb.php/423-471c5b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)