FC2ブログ
12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

ハルシオンシステムの気ままBlog

株式会社ハルシオンシステムのメンバーが送る、UnityやらJavaやらの技術的話題から、自社開発のアプリの宣伝とかとかのブログです。ほんと気ままにいきたいと思います。更新日は毎週 月 木でっす!

 

【ハルシオンブログ】Unity2018.3で新しく追加されたプレハブモード(?)が使いやすいんすよ!是非つかってみて! その2! 

こんにちは。月曜日担当の坂内です。

だいぶ寒い日が続いております。風邪に気を付けていきましょう。

さて、先週のUnity2018.3のプレハブの続き。

【プレハブのネスト】

プレハブの子供に他のプレハブを置けるようになりました。

え?今までも置けたでしょうって?
ええ、置くことはできましたが、置き親のプレハブをApplyすると、子どもとして置いたプレハブも親の一部になってましたよね。



こんな感じで、Obj1プレハブにObj2プレハブを入れることができます。
上記状態から新しくObj1に変更があった場合(今回の場合は、Text(1)をObj1に追加してみました)、Text(1)だけをApplyすることで



Obj1にObj2が入っていない状態でプレハブが変更されます。




これがプレハブのネストです。

【プレハブのバリアント】

なんかイメージ的には親クラスとそれを継承した子クラスみたいな感じ?

プレハブを右クリックして、Create>Prefab Variantで作成できます。


にょろにょろってマークがついてるのがVariantです。

Obj2はObj1をコピーしたものです。



並べてみました。
左から、Obj1・Variant・Obj2です。

それでは、Obj1のテキストを変えてみましょう。(もちろんApplyします)




ちゃんと、Variantで作られた真ん中のオブジェクトも変わりました。

では、Variantの方のTextの文字を変えて、Obj1のImageの色を変えてみましょう。




こんな感じになります。

Obj1の変更はVariantへ引き継がれる。ただし、Variant側で触った個所については継承されない。
といった感じなんでしょうか?

これが、プレハブのバリアントです。

という感じで、Unity2018.3のプレハブは色々できて便利になりましたね!

それでは!あでゅ~ノシ

スポンサーサイト



Category: 開発日記(Unity)

tb 0 : cm 0