03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ハルシオンシステムの気ままBlog

株式会社ハルシオンシステムのメンバーが送る、UnityやらJavaやらの技術的話題から、自社開発のアプリの宣伝とかとかのブログです。ほんと気ままにいきたいと思います。更新日は毎週 月 木でっす!

 

【Unity】Unity5対応続き。そして一旦停止。 

こんにちは。
大坂です。

暖かくなったと思ったら微妙に寒い日もあるなか、皆様体調にはお気を付けくださいませ。

iOS版ポケガのUnity5対応についてですね。
結論から言うとちゃんとアプリは起動できました。
が、一旦対応はやめました。
まぁ順を追って書いていきます。

先週、アプリ起動時に

return [_displayConnection objectForKey:(UIScreen*)key];
って行でエラーですね・・・。

って書いてましたが・・・。
そもそもこれが出るのが、ARCのエラーで以下をNoにすると出る。


で、DisplayManager.mmの277行目を
_displayConnection = [[NSMapTable
mapTableWithKeyOptions:NSPointerFunctionsStrongMemory | NSPointerFunctionsObjectPointerPersonality
valueOptions:NSPointerFunctionsStrongMemory | NSPointerFunctionsObjectPointerPersonality
] retain];

にしたらいけるよっていうのあったので変更して、実機で起動すると・・・。
Unityのスプラッシュが無事出てきて、アプリが起動したなーっと思って、名前決める画面で、InputFieldをタップ・・・

アプリが落ちましたorz

ふむむ・・・。
色々調べてる時に以下の画面で、個々に「-fno-objc-arc」って書くとARC系のエラーが対応できるという話が。


ということでとりあえず1個ずつ・・・広告会社さんのスクリプトにつけまくらないといけないっすね…。
そんな感じで、エラーが出たスクリプト1個1個に「-fno-objc-arc」をつけて、
DisplayManager.mmも元に戻して、実行すると。
起動もうまくいって、名前も入力できました。
が、しかし!
広告会社さんのスクリプトで落ちました…。
うーん。
色々Unity5対応が始まってくれないと厳しそうです。
そのままでも大丈夫な広告会社さんもあったので、まぁ使うところ絞れば行けるんですけど。
現状は4.6を使うという方向にしました。

とりあえずUnity5でアプリを起動できるまではこんな感じでした!
全て解決できてないので何とも言えませんが、何かのお役に立てばと!

では、また来週ですノシ
スポンサーサイト

Category: 開発日記(Unity)

tb 0 : cm 0